スポンサーサイト

2019.09.15 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    なぜ、ニュージーランドに?

    2019.03.30 Saturday 13:28
    0

      JUGEMテーマ:カウンセリング

       

       

      Are you happy with yourself?

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

      090−4280−7126

      那覇市真地288-4 GRANDIA101

      http://www.hiro-koba.net/

       

      おはようございます。

       

      昨日、懸案のブログを書きあげ、安心して眠ることができました。(笑)

       

      さてさて、気持ちがラクになったところで、今日は何を書きましょうか。

       

      わたしはときどき「TED」という番組をオンラインで見ます。ニュージーランドに行くことを決めてから「TEDLICT」も見ています。TEDの簡単バージョンとでもいえる、短い、わかりやすいプログラムです。いずれも英語の勉強にも役立ちますし、内容も充実しています。ネットにはおススメ○○といったものも多いので、チェックしてください。

       

      その中で、初心者におススメが紹介されています。

       

      わかりやすいと言えど、スピードは普通に速いので、結構集中力がいります。わたしはまずは興味があるテーマで、時間の短いものを選び(10分以内がいいか)、実際に聞いてみて、聞きやすいかどうか、スピードはどうかなど確認し、聞き始めます。

       

      わたしの英会話力がアップできるかどうか、まだ照明するにはいたっていませんが、これからもトライするつもりでいます。

       

      初めはサブタイトルなしで、数回聞きます。最初は、単語が入ってきませんが、聞いていくと少しずつですが、単語が耳に入ってくる、ピックアップできるようになります。

       

      知らない英語はすっとばします。内容については理解できなくても、アウトラインがわかってきますからそれでOKです。そして、英語の字幕つきで聞く。すると、わからない単語はそのまま残りますが、内容はずいぶん理解できます。

      *一日に1つ聞くことができたら、すばらしい〜〜〜!!

       

      ブログほかで、多くの人がおススメしているのが、次のプレゼンです。簡単に言うと、実行に移しやすいものを30日間続けることで、希望が達成できるという、そんな内容です。短いですし、英語もわかりやすいので、一度試しに聞いてみてください。

      https://smarteigo.jp/articles/2726

       

      ブログをなんとか30日続けて書きたいと思います!!宣言すると、継続のモチベーションになるかなあ(笑)ぜひぜひサポートしてください。

       

      さて、ニュージランド、その2。

       

      ニュージランドに行く前、そして行ったあとにもよく聞かれた質問。「なぜ、ニュージーランドを選んだの?」

       

      実は正直なところ、あまり大きな意味はない、なかったのです。12月半ば、「さあ、行こう!」と決めて、たったの10日くらいでエージェントを選び、学校の手配をし、スケジュールを決めました。そして格安の、飛行機のチケットも予約しました。「やればなんとかなる!」、そう思ったのもその時でした(笑)

       

      海外旅行は何度か行っています。大学時代のイギリス、ヨーロッパ、アメリカ、ハワイ、グアム、中国、監督ほか。ただ、南半球はいったことがなかった。それなら、南半球の国へ。

       

      最初はオーストラリア、シドニー、ブリスベンあたりかなと考えていたのですが、学校紹介のリーフレットほかを見ていると、オーストラリアも大きな国だなあと思いはじめ、小規模な都市、もう少し静かなところがいいかなあと思い始めました。

       

      では、小国のニュージーランドはどうか。同じ系列の学校もあるし、安全だという。情報を得はじめ、思い出しました。そうそう、今の首相は女性、それも若い方、しかも在職期中に出産したというニュースを思い出しました。

       

      調べてみると、幸福度ランキング  安全な国、さらに、女性たちや若者たちの起業率が高いこと。それも気に入りました。そういえば、知り合いの、労働関係の研究をしている知り合いがニュージーランドに行き、その報告書を読んだことがあるのを思い出しました。

       

      わたしの一番の目的は英語のブラッシュアップ。おそらく若者たちに囲まれての語学研修、わたしが最高齢だろう。

       

      ニュージーランドは赤道をまたぎ、日本と反対に位置する。時差は4時間。行ったのは2月半ば、ニュージーランドは夏の終わりから秋のころにさしかかる季節で、とっても過ごしやすく、美しい季節でした。

       

      オークランドは北島で、冬でも雪は降らないという。温暖な気候ですが、朝夕は結構涼しかった。沖縄の一年を過ごしているわたしには朝夕の冷え込みはひさびさの感覚でした。

       

      最初の一週間は慣れないこともあり、非常に寒く感じた。もともとわたしは寒がりだから、困った。パーカー、セーター、しっかりとした羽織るものをものを持って来たらよかったと後悔した。

       

      バスや学校、人の集まるところはガンガンクーラーがきいている。でも、寒そうにしている人はいない。バスの中、朝早いというのに、半袖の人も結構いる。教室はクーラープラス扇風機。

       

      外国の人って日差しがでてくると、みなわあっと上着を脱ぐ。陽光の恩恵を少しデモ多く受けたいと思うのだろうか。まず気がついたことは帽子をかぶっている人はほとんどいなかったのだ。白人の皮膚がんはかなり大きな問題になっているらしいが。焼けることに気にしている様子はない。

       

      3週間、ホームスティしたのだが、寝るとき、寒くって困った。風邪を引きたくなかったので、“Do you have another blanket? Would you borrow me it?と尋ねた。

       

      ホストファミリーのホストの女性は、「ここに一枚あるけど、それ以外にはない」という。すでにわたしは一枚使っていたので、これ以上はないということだ。

      ブランケットを半分にたたみ、ソックスをはき、首にセーターを乗せてねることにした。

       

      気候は海洋性気候で、沖縄に似ているようだ。冬はあまり寒くはなく、過ごしやすいという。行ったのは夏、夜の8時でもまだ明るかった。

       

      植生は沖縄と似ています。公園や道路沿いには必ず大きな木が、家の玄関先にはサボテンや観葉植物がありました。ドメインという大きな公園に、「ウィンターガーデン」という植物園があり、行ってみました。大きな温室が二つあり、ランはじめ南洋の花が咲きみだれていました。

       

      学校から家に帰るのに、ハイウェイバスに乗り、さらに一度乗り換え、10弱歩きます。どんぐりがたくさん落ちていて、拾って、日本に持っていき、クリスマスリースに使いたいなあと思いましたが、入国時にひっかかるとまずいと思い、諦めました。

       

      今日は3月30日、本土のあちこちで桜が満開というニュース。うらやましい。沖縄にいると、この時期のお花見はないのです。日本に置き忘れてきたもののひとつが桜の季節。

       

      若いときは桜の花はあまり好きではありませんでした。花が地味?理由はよくわかりませんが。どういうわけだか、だんだん年をとると、桜が好きになりました。なんでしょうねえ。

       

      たぶん春爛漫を知らせてくれ、多くの思い出がよみがえるのかもしれません。子どものころ両親に連れられて兼六園の夜桜を見に行った。我慢して素足にスカートをはいていったものだから、困ったこと。平城宮跡の桜、風に舞う桜の花びら、目黒川沿いの桜並木、父とみた卯辰山の枝垂れの八重桜……

       

      日本に(沖縄の人は、「本土」や「日本」と呼ぶ)置き忘れてきたもの、「桜の季節」〜〜〜

       

      ではまた。明日。

      See you soon!

       

      PS.さっき、クライアントだった男性から電話があった。4月から子どもたちを連れて海外で仕事をするという。その前に会いたいということだったが、準備ほかでバタバタして、会いにいく時間の余裕がなくなったという。「行ってらっしゃい。あなたが一生懸命頑張ってきたこと、離婚を決め、子どもたちの親権と監護権をとり、つらい状況の中、奮闘していたことほかを知っているわたしは、彼が日本を離れることを聞いて、よかったという思いもありつつ、寂しくなった。「また、会おうね。スカイプしましょうね」「また来てくださいね、スリランカで待っていますね。」別れの季節です。

       

      Have a nice day!

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

      090−4280−7126

      那覇市真地288-4 GRANDIA101

      http://www.hiro-koba.net/

       

      ただいまお試し30分無料相談やっています。

      気楽にご相談ください。

       

      スポンサーサイト

      2019.09.15 Sunday 13:28
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        女性のためのアサーショントレーニング
        コミュニケーションのパターンには次の三つがあります。
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recommend
        Recommend
        せいめいのれきし 改訂版
        せいめいのれきし 改訂版 (JUGEMレビュー »)
        バージニア・リー・バートン
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        リフレクション(DVD付)
        リフレクション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
        畠山美由紀,原田郁子,中納良恵,青木里枝,秋田慎治,斉藤哲也
        Recommend
        愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付)
        愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
        デイヴィッド・ギャレット,スティーヴ・モーズ
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM