スポンサーサイト

2019.09.15 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    「見えないもの」を見る勇気

    2018.08.27 Monday 17:15
    0

      JUGEMテーマ:カウンセリング

       

       

      Are you happy with yourself?

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

      090−4280−7126

      那覇市真地288-4 GRANDIA101

      http://www.hiro-koba.net/

       

       

      昨日の夜は涼しかった。夜中、思わず、足元においてある薄手の布団を胸までたくしあげ、カラダに巻きつけた。ニュースを見ていると、本土より、沖縄のほうがだんぜん涼しい。温暖化のせいでこうなっているのを頭ではわかっているものの、頻繁に発生する台風、集中的に降る豪雨被害、猛暑……、いずれも人の経験したことがない、甚大な、そして命にかかわる〜〜〜である。

       

      人は自分の知らないことに怯える。それがどのようなものであり、なぜそうなっているのか、どのような影響を及ぼす可能性があるかなどなど、しっかりした情報を得ることでずいぶん対処しやすくなる。すべてのリスクがなくなることはないが、対処の方法に、予防に選択肢が増え、速やかな判断ができる。

       

      ちょっと話が違うが、2年ほど前、わたしは大きな病気に立て続けになってしまった。そのとき、頭部や心臓のCTスキャンやMRIはじめ、精度の高い検査をいくつも受けた。(なんと、一年間で21人もの医者にかかった!)

       

      医師はそれらの写真を見ながら、わかりやすく説明してくれる。わたしは写真をみながら、「え〜〜〜、これ、わたし?」と何度も尋ねた。「なんだかこわい!」と言った。

       

      「そうそう、こばやしさんです!(笑)人って、見たことのないものを見るのって、怖いんだよねえ」と医者は言った。「なるほど〜〜〜、そうですよねえ、見たことがないもの、こわいですよねえ」とわたしは言った。

       

      見たことのないものを見たいと思う、知らないことを知りたい……それはもう人たるゆえかと思う。

       

      カウンセリングをしていると、「感情」を自覚することが難しい方が結構いる。「自分が何を感じているか」それがわからないと言うのだ。先日来られた方が面白い表現をした。どうも「感じるセンサーが壊れている」という。

       

      そうだよねえ、エネルギーのないとき、気分が安定していないとき、考えなければならない悩みほかが多すぎるときほか、確かに自分の気分に「鈍感に」、あるいは「敏感に」なることを多くの人は経験したことがあるだろう。

       

      自分の感情にフタをしてきた人がいる。感じることを「生き延びるために」、つまり自分を守るために、感じないようにしてきたタイプの人。例えば、小さいころから、両親が仲良くなかった。時には父親が母親殴りを、罵倒し、でも、子どもは「家」から「親」から逃げ出すことはできない。だから、生き抜くために、自分の感情を失う。そのような対処法を自己防衛のために身につけてきたのだ。

       

      その人にもともと感情が備わっていないというのではない。生き抜くために感情をコントロールしてきたのだ。「見ない、聞かない、そして感じない」ようにしてきた。

       

      そのようなやり方が身について(学習して)、しまいには、自分の感情そのものがわからなくなるのだろう。

       

      「感情にいいも悪いもない」「感情はその人のもの、その人自身である」など、言われる。それにプラスして、わたしは自分の感情に「もっと優しくなる」ように、「もっと大らかになる」ようにと言うことがある。

       

      自分の感情に優しく寄り添い、受け入れることで初めて、他者の感情に気づくことがあると思う。

       

      例えば、「怒り」の感情について。

       

      自分の中にある怒りの感情を感じとる(なぜ怒っているのかも含め)。その感情を「怒り」として自覚、認識する。そして怒りの感情をいつ、だれに、どのように表現するか。感じ、認知して、表現する……、その順をていねいに行うことが大切だと思っている。

       

      もちろん、きちんと感情を感じ、認知し、表現する、それを順序だててすることは難しい。特に「怒り」、そして「不安」

       

      「怒り」については、爆発的な、破壊的なエネルギーがあるからやっかいだ。他者に向かえば、暴力にだってなるだろう。自分に向かえば、自傷にもつながりかねない。

       

      「怒り」はものすごいエネルギーがあるので、暴力を振るう人の中には、怒っている状態で自分が何を感じ、考えているかわからない、あるいは覚えていないという人がいる。

       

      気がつくと、誰かを、あるいは自分自身を傷つけてしまっている人もいる。

      「怒り」の感情は自覚しにくい感情で、破壊的なエネルギーを持つがゆえにコントロールを失う。関係を徹底的に破壊する方向に、自責の念にかられ、途方に暮れる人もいる。

       

      暴力を振るう人を擁護するつもりは全くないが、自分の感情を大事にできなかった、大事にしてこなかったのだろうなあと想像する。そのことを残念に思う、同時に、つらかったんだろうなあと思いをはせる。

       

      「自分の感情を大事にする」ことが難しいことを承知で書いている。特に「怒り」と「不安」。「怒り」は他者を、自分を傷つけ、「不安」は生きていくエネルギーを奪うから余計にやっかいだ。

       

       

      いままで見たことのなかったものは怖い、見てこなかったものは見るには勇気がいる。

       

      自分の感情を丁寧に扱うなかで、自分の感情を知ることができるだろう。今までフタをし、見てこなかった感情に対して怖いと思う、その気持ちを受け入れること、まだ見ぬ怖いものを見る・知ることを勇気づける……、そのようなことをカウンセリングの中でできるではないかとわたしは思っている。

       

      感情にいいも悪いもない。まずは自分の感情に優しく、大らかになることだ。一度考えてみてほしい。

       

      Have a nice day!

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

      090−4280−7126

      那覇市真地288-4 GRANDIA101

      http://www.hiro-koba.net/

       

      ただいまお試し30分無料相談やっています。

      気楽にご相談ください。

       

      スポンサーサイト

      2019.09.15 Sunday 17:15
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        女性のためのアサーショントレーニング
        コミュニケーションのパターンには次の三つがあります。
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recommend
        Recommend
        せいめいのれきし 改訂版
        せいめいのれきし 改訂版 (JUGEMレビュー »)
        バージニア・リー・バートン
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        リフレクション(DVD付)
        リフレクション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
        畠山美由紀,原田郁子,中納良恵,青木里枝,秋田慎治,斉藤哲也
        Recommend
        愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付)
        愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
        デイヴィッド・ギャレット,スティーヴ・モーズ
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM