スポンサーサイト

2019.09.15 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    全仏オープンテニス観ていますか!

    2016.05.24 Tuesday 19:15
    0


      Are you happy with yourself?
      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou
      こばやしひろみ


      上は金沢にいたときに、作ったバーナーワークのガラスの
      ペンダントや指輪、そしてイヤリングです。
      きれいな涼やかな
      いろがきれいでしょ!

      実は、全仏オープンテニスで、寝不足です。時差があるのに、
      ライブで見るから、ね。

      学生時代にテニス経験ないのですが、元夫がテニスをして
      いたということもあって、結婚し、子どもができた後、
      テニスをし始めました。

      もちろん硬式。
      この年になるまでだらだらとやっているので、
      一向にうまくなる気配ない。
      まあ、継続は力なりということはありますから、えらい!と
      自分を慰めています。


      というのは、大概、ひじ痛、つまり、テニスひじになり、
      途中であきらめることの繰り返し。テニスひじは結構
      痛いので、ひじ痛を抱えながらテニスすることは難しい。
      整形いったり、整体いったり、マッサージ行ったりする
      のだけど、なかなかよくなりません。

      痛みが少し和らいだと、思い切って痛みを抱えながら、
      テニスをすると、また再発してしまうのだから、厄介です。

      要は、「へたくそ」ってことなんですが、ね。はあ〜

      今、マドリード、ローマに続き、グランドスラムの一つ、

      全仏オープンテニスがパリのローランギャロスで行われて
      います。

      時差は、どうでしょう。10時間くらいはあるでしょうか。
      だいたいゆうがたの6時くらいから始まり、終わるのは、
      夜中、それで睡眠不足になるわけです。
      ゆっくり録画でみたらいいのに、と言われますが、それとこれとは
      大違いなのです。

      ここまで日本勢は、活躍しています。
      錦織圭をはじめ、ダニエル太郎、大阪なおみが一回戦、
      立ち上がりました。
      日本のレベルは確実に上がっていて、特に錦織圭は目を見張る。

      以前はハラハラドキドキ観ることが多かったのですが、
      最近はラリーも安定し、安心いてみることができます。

      そうはいっても、気の弱いわたしは、頑張って起きているはずが、
      試合の展開で、最後まで見る度胸・勇気がないものだから、
      最後まで見ないで寝ることもあります。

      翌日、あわてて、結果をネットで調べてから、録画での放送を
      見る。心臓によくないですよねえ。

      あなたは最後まで見られる派?見られない派?
      今日はどうしてでも、最後まで見るぞ!!
      勝った結果をみて、安心して寝ることができるよう祈るばかり。

      それで、今日の本題は?
      先日ネットを観ていたら、気になる投稿が載っていました。
      次のようなものでした。

      スポーツの中にも、白人優位があり、人種による差別があると
      いうのです。

      そこで挙げられているのは、錦織圭の現在のコーチマイケルチャン
      (もとは台湾)、セレナ・ウィリアムズほかの人たちのことです。


      タイトル

      チャンやウィリアムス姉妹らも苦しめた“空気”を跳ね返せ

       イギリスで生まれ、ヨーロッパを中心に発展したテニスは
      白人優位の傾向が残るスポーツだ。白人以外の選手が活躍すると
      偏見の目で見られることがある。

      そんなエピソードとしてよく語られるのが、現在錦織のコーチを
      務めるマイケル・チャンだ。チャンコーチの両親はともに台湾からの
      移民だ。1989年の全仏オープンを史上最年少の17歳7ヵ月で制した
      偉大な選手だが、観客はアジア系の選手が勝つことを喜ばず、
      アンダ―サーブなどの奇策を用いたことなどが非難の的になった。
      現役時代はそうした偏見の目を浴び続けたという。



      リオオリンピックも近づいてきていて、テレビでもサッカー、バレーボール、
      体操、陸所、水泳など選考会などを兼ねた試合がずいぶん放映されている。

      何気なく、テレビ放送をみるのではなく、「差別」がそこにあるか否かを
      感じることも
      大事なことだと思います。
      メディアリテラシー。

      男性と女性の差、人種による差、年齢による差、国家間の差、いろいろ
      あるでしょう。

      そうそう、大リーグのイチローがこのところレギュラーとして
      出場し、バンバンヒットを打っています。

      イチローが報道陣に対して、
      「42歳、42歳と言われるけど、ほっとけや」と言ったそうです。
      爽快ですねえ。(いわゆる年齢差別とでもいいか。)

      それを「スゲエ〜」と感心しているわけですが、「この年になるとね〜」と
      巻頭言のように言ってしまうわたしがいますがね。どうなんでしょう。
      寄る年波に生きていけたら、いいのかなあ。
      ふう〜、ぼちぼち行きましょう!

      Have a nice day!!
      カウンセリングルームWithYou
      こばやしひろみ


       


      PR
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      女性のためのアサーショントレーニング
      コミュニケーションのパターンには次の三つがあります。
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Recommend
      せいめいのれきし 改訂版
      せいめいのれきし 改訂版 (JUGEMレビュー »)
      バージニア・リー・バートン
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      リフレクション(DVD付)
      リフレクション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
      畠山美由紀,原田郁子,中納良恵,青木里枝,秋田慎治,斉藤哲也
      Recommend
      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付)
      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
      デイヴィッド・ギャレット,スティーヴ・モーズ
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM