スポンサーサイト

2019.09.15 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    共依存 りんとわたし

    2016.07.06 Wednesday 19:23
    0

       

      Are you happy with yourself?

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

       

      http://www.hiro-koba.net/index.html

       

      昨日のチェックリスト、してみましたか。わたしは、4点。

       

      ※その時々によって異なりますから、もしそのとき非常に高いと

      しても、環境とかタイミングとかあります。

       

      わたしが1をつけたのは、

       

      レ  嵜佑僕蠅泙譴燭蝓⇒兇錣譴燭蠅靴燭箸、わたしははっきりと

               断れない。」

      レ◆ 屬錣燭靴呂い弔盡こり、頭痛、息苦しさなどに悩まされている。」

       

      レ 「わたしは自分の恨みや愚痴を聞いてくれる人を求めている。」

       

      レぁ 屬錣燭靴和梢佑隆待に沿えなくて、申し訳ないと感じることが

         多い。」

       

      です。

       

      何点以上だと、共依存とかいうことではないので、自分を知るツールに

      使ってください。

       

      ただ、この点数が高い場合、依存症や共依存症になりやすいと

      言われています。

       

      共依存だと、自分と相手の境界線がわからなくなり、自分の感情や

      欲求に気づき、相手に伝えることが難しくなりますから、要注意という

      ことでしょうか。

       

      自信がなくなる、自分がわからなくなる、人とのかかわりが難しく

      なる、不安が強くなるなど、だんだん自分のありようがぼやけて

      しまう、弱弱しいものになる、そんな感じでしょうか。

       

      わたしの場合、

       

      レ,任垢、何か頼まれ、断ると、悪いかなあとか、何かしてあげれる

      ことがあれば、してあげたいとか思うわけです。

      それに、もし時間がなければ断りますが、都合が付きそうだったら、

      「お付き合い」することもあるでしょうし、それほど食べたくなく

      ても、嫌いなものでなければ、「いいよ」ということになるでしょう。

       

      こんな言い方すると実もふたもないのでしょうが、どうでもいいかなあと

      思えるか、思えないか、それによりますねえ。

       

      だから1点。

       

      レ△砲弔い討蓮年齢でしょうか(笑)肩こりはいつもですし、頭痛も

      ときどきします。

       

      わたしは血圧に変動があるからかもしれません。

      ただカラダと心は連動していますから、ストレスフルな状況にある

      ときは、このような血圧が高くなる、動悸がするなど、呼吸が

      乱れるなど、身体症状にも変化が起こることがあるでしょう。

       

      だから1点。

       

      レわたしはいつも(?)話し相手を求めていますね。確実に。

      それは寂しいとか孤独と言うのとはちょっと違うように思います。

      今の時代、PCもネットも、インスタグラムもありますから、容易に?

      ある程度の孤独は避けられるかもしれません。フェイストゥフェイスを

      望む、わたしにはそれらはちょっと物足りないのです。きっと。

       

      だから1点

       

      い鉢,六ているので割愛します。

       

      1点。

      トータル4点ということでした。

      わたし、自信がないところがあって、本当はもっと低いような気が

      するけど。。。。

       

      みなさん、一度やってみて、自分なりに分析し、なにが0点、1点、

      2点なのかみてくださいね。

       

      ではまた。

      ※りんちゃんは確実に快方に向かっています。

       わたしもりんちゃんの乳腺癌が悪性だということは受け入れつつ

       あります。

       

       いつもはうすいコーヒー牛乳を作って飲むときに、りんがほしそうに

       するので、飲ませていましたが、これからはやめようと思っています。

       牛乳はよくないらしい。

       

      Have a nice day!!

      ひとりで悩まないで

      カウンセリングルームWithYou

      こばやしひろみ

      http://www.hiro-koba.net/index.html

       

      共依存 りんちゃんのこと

      2016.06.28 Tuesday 15:30
      0

        Are you happy with yourself?

        ひとりで悩まないで

        カウンセリングルームWithYou

        http://www.hiro-koba.net/index.html

         

        りんちゃんの赤ちゃんです。

        りんは今11歳なので、10年前の時の写真です。

        ああ、ずいぶん昔のこと。がっくり。

        リンちゃんは11歳、わたしは60歳。どうなってるんだか、これって。

         

        りんちゃんは5匹お腹にいたのですが、最初の赤ちゃんが少し

        大きくって、死産で生まれてきた。それで急きょ帝王切開になり、

        4匹生まれました。

         

        この写真は、ちょうど生後一か月くらいのとき、わたしは外出から帰って

        くると、4匹が産屋に同じ型で寝ているではないですか。

        あまりにもかわいいので、カメラに収めました。

         

        まるでぬいぐるみみたいでしょ?(笑)

         

        4匹の内、2匹はわたしの友人のところに、宇治と東京に、そして

        二匹は知り合いの知り合いにさし上げ得ました。

        今どこにいるのでしょうか。

         

        そのとき、ちゃんと聞いて置いたらよかったなあ。今となれば残念。

         

        さて、今日のお題の共依存。

         

        ある時、カウンセリングに若い女性(20代後半)が来られました。

        主訴はなにかというと今でも、「これ」というのがわからないの

        ですが、とにかく、自分が苦しいという話していらっしゃいました。

        夫とのこと、母親とのこと、仕事のこと、自分自身のことなど

        でしょうか。

         

        わたしが「これ」かなと思ったのが、「自分の力を出して、自分らしく

        いきれない」ということだと思いました。

         

        彼女の話はあちこちにわたります。

        夫は小さいIT関連会社を興していて、とても忙しい。結婚以前から

        付き合っている彼がいる。

        仕事はしているが、パートタイムで自分の力を発揮していると思えず、

        空しい。というか、はがゆい。転職するにも自分に合ったところが

        見つからない。(何度か転職している)

         

        そして、実家によく行くのだけど、母親にあたってしまう。

        自分の感情が抑えきれず、どうしても母親にあたってしまうという。

        ひどい時には、

        「お前のせいでこうなった」

        「お前がいなければわたしはこうならなかった」

        「なんでこんなに苦しいのかわかるのか」

        「結婚はお前たちの(父親も含め)ためにやった」

        「夫はどうでもいい」

        「愛しているわけではなかったし、今でも愛していない」

        「ご飯を作ってくれて、お返しをしていると思っている

        かもしれないけど、それは自分の慰めでしかない」

        「何を考えているのか、自分のことばかり」

         

        とかなんとか。

         

        最終ていには、母を畳の上に座られて、2時間くらい責め続ける。

        そのうち、明日の仕事が気になったり、自分自身が何をしている

        のか、何がしたいのかわからなくなり、実家をでるということだった。

         

        最初、カウンセリングの中では、自分のことは言いにくかったの

        だろうが、だんだんこんなことを言っていると話してくれるよう

        になった。

         

        かなり暴力的な言葉である。

         

        カウンセリングはまず話したいこと、話せることを自由に話して

        くださいと伝えます。うまく話そうと思わなくていいですよ。

         

        彼女は、最初、母親のことばかりを中心に話す。

        「共依存」の娘の場合、こんな感じのことが多い(普通だ)。

         

        カウンセリングが進むと、それは自分を責める言葉になって

        話されることが増える。

         

        極端にあっちこっちにぶれる。

        つまり、相手が悪い、自分のせいだ、その間を揺れる。

        相手を責める気持ちと自分を責める気持ちや裏表ということなの

        だろう。

         

        母親との関係がどうしても切れないという。

        そのクライアントさんは、2日に1回、仕事帰りに実家にいく。

        帰りに母親は、8品くらいの晩御飯のおかずを持たせてくれるという。

        8品がどの程度のものかはわからないが、それを聞いたときに

        わたしは単純に驚いた。

         

        「おかず8品も?」

         

        と口をついてでた。

         

        この続きは明日にします。

        長くなってしまいました。ごめんなさい。

         

        ※明日は共依存傾向のセルフ・チェックのリストです。

         

        Have a nice day!!

        ひとりで悩まないで

        カウンセリングルームWithYou

        こばやしひろみ

        http://www.hiro-koba.net/index.html

         

        共依存 りんちゃんのこと

        2016.06.28 Tuesday 10:39
        0

          Are you happy with yourself?

          ひとりで悩まないで

          カウンセリングルームWithYou

          こばやしひろみ

          http://www.hiro-koba.net/index.html

           

          夏らしいアレンジです。

          シュロ?葉物の名前は正確にはわからないけど、それをぐるっと

          アレンジして、その上に色鮮やかなガーベラやパインナップル、

          あちこちに小さな甘い色のバラなどをあしらったものです。

          部屋に置くと、一気に夏になるでしょう。

           

          りんの乳がんの手術を受け、ようやく一週間、とっても長かった

          一週間でした。ひとりで心配をかかえないといけない、

          思うように外出できないフラストレーションもあり、やっとやっとの

          一週間でした。

           

          傷は大きいですねえ。昨日は、少し散歩の道のりを長くしようと

          思ったら、本人からの拒絶にあい、ああ、やっぱりしんどいんだなあと

          思い、引き返してきました。

           

          それと、アパートのエントランスで足を洗い、家の玄関でタオルで

          拭くのですが、どうも痛かったようで、一瞬「ガブリ」となりそうに

          なった。甘噛みですんだのですが。

          抱っこするにも神経を使って、痛くないように接しています。

           

          手術前にバリカンでそったお腹がむき出しになっていて、可哀そう

          。りんちゃんの皮膚って真っ白なんです、毛は黒いのに。

           

          家族の中に病気の人がいると、家族の人たちはみな何らかの影響を

          受けるものですね。

           

          そうそう、わたしは沖縄にきてしっかり日焼け対策をしたほうが

          よかったと思ったのが、去年のこと。

           

          そう思ったときには、すでにおそかったようです。

          二か月前くらい、かあっと暑くなり、二日間ほど、非常に日差しの

          強い日がありました。

           

          もうそのあと、車に乗ったりしたものだから、半そでの服をきて、

          だしていた手から腕がひりひり、お洋服にあたるだけでもピリピリ。

          痛い。

           

          あわてて近所の医者に飛び込んだ。

          ヘパリン類似物質というローションを出してもらった。それがなかなか

          よい。

          スプレーになっているので、シュッーとひと吹き、それをするすると

          優しくぬりこむ。

          さらさらしているからか、すっと肌になじんで入り込んでいく。

          ヒルドイドは軟膏なので、伸びにくいがこれは、ローションタイプなので

          使いやすい!すばらしい。

           

          最近は化粧水の代わりに使っています。

           

          今日は、共依存について書きたいと思っていたのですが、本の紹介に

          とどめようと思います。

           

          わたしは依存症の家族のサポート(カウンセリング)をするときに

          このワークブックを使うことがあります。

          読みやすいし、自分でやってみるといいでしょう。

           

          「アルコール薬物・ギャンブルで悩む家屋のための7つの対処法」

          CRAFT

          吉田精次+ASK(アルコールや薬物問題全国市民協会)

          発行はアスク・ヒューマン・ケア

           

          です。

           

          明日から、この本について感じたこと、考えたこと、学んだことなど

          書いてみたいと思います。

           

          では。

           

          Have a nice day!

          ひとりで悩まない

          カウンセリングルームWithYou

          こばやしひろみ

          ※ウィンブルドン選手権錦織圭は初戦突破、しかし、左横腹の調子が

          よくないのか、二戦以降、気になる。大丈夫かなあ。

          というわけで、今日は寝不足。当分寝不足が続くかなあ。はあ。

           

          http://www.hiro-koba.net/index.html

           

          ペット 共依存 

          2016.06.25 Saturday 11:04
          0

             

            Are you happy with yourself?

            ひとりで悩まないで

            カウンセリングルームWithYou

            こばやしひろみ

             

            http://www.hiro-koba.net/index.html

             

            りんちゃんは乳がんの手術をして、5日たちました。

             

            わたしは心配で、ほとんど外出をしていません。

            というか、心配でできないのです。

            ペットも家族ですから、大きな病気をしたときは、

            近くにいてあげたいと思うのは当たり前かもしれません。

             

            ところが、ちょっとわたしの心配さ加減は、

            大げさなほどなのではないかと自分でも思うわけです。(笑)

             

            乳房3つと子宮と卵巣を摘出したのですが、これが人間だったら

            おそらく大きな手術でしょう。

            2週間くらいは入院するかもしれません。

             

            りんは手術をして、麻酔が切れて、すぐ退院し家に戻ってきました。

            さすがに痛みがあるのか、いつもより元気がなく横に

            なっている時間が長いような気がします。

            それに食欲がありません。

            水はよく飲んでいるような気はしますが。

             

            今、わたしの横で寝ています。

            少しばかりお腹がいつもよりはれている、ふくれている気がします。

             

            わたしはりんが手術して、ほとんど外出をしていません。

            寝ている間に、そっと近所のマックスバリュに何回か行っただけです。

             

            わたしがいると、わたしが動くたびに、りんはびくっとして目を覚ましたり、

            ついてこようとするので、本当はわたしはいないほうが静かに眠れるのでは

            ないかと思ったりします。本当にそうなのでしょう。

             

            わたしとりんちゃんは、「共依存」。そうなのだと思います。

            といっても、わたしはりんちゃんをコントロールしていませんし、

            りんちゃんはわたしをコントロールしているわけではないので、

            「共依存」というより、「相互依存」の関係を言っていいと思います。

             

            お互いがお互いの存在を必要としているのですが、支えあっている。

            二人はそれぞれ世界があります。

            犬が世界を持っているというのも変な言い方ですが。

             

            また共依存のこと、母娘関係のこと、あるいは父娘関係など書いてみたいと

            思います。

             

            ではまた。

             

            Have a nice day!!

            ひとりで悩まない

            カウンセリングルームWithYou

            こばやしひろみ

             

            http://www.hiro-koba.net/index.html

            ペット りんのこと

            2016.06.23 Thursday 15:37
            0

               

              Are you happy with yourself?

              ひとりで悩まないで 

              カウンセリングルームWithYou

              こばやしひろみ

              http://www.hiro-koba.net/index.html

               

               

              上の写真は[「花束」です。

              練習で作ったものだから、とても下手っぴです。

               

              6年くらい前のことでしょうか。

              フラワー装飾士の国家試験2級を取るときに必死に練習しました。

              花束って、結構、かなり難しいのです。

              花と葉物のバランスを考えながら、組んでゆく。できるだけふんわり、

              手元はしっかり。

              というわけで、一応わたしはフラワーアレンジャーです。(笑)

               

              さて、今日もりんちゃんの乳がん切除、その後の報告です。

               

              今朝は少し長めの散歩に出ました。

              沖縄は昼夜の温度の差があまりなく、昼間は33度、朝でも27度くらい

              あります。しゃっきーんとした朝の涼しさが懐かしい。

               

              それで最近は5時前に起きて、散歩にでます。

              傷口をなめないように、冬服を着せているのですが、そろそろ大丈夫かなと

              思ったけども、どうもやっぱりなめているのでふたたび洋服を着せました。

               

              牛乳がなくなっていたので、近所のマックスバリューに行きました。

              入り口のカート置き場のそばにあるポールに、いつもりんちゃんを

              つなぎます。そこで待っていてもらって、お買い物。

               

              今日は牛乳ほか。そしてアイス。

              散歩の後、家に帰ってアイスを食べました。

              ※引きこもっている方たちにおススメ、朝アイス。

              散歩にもでることができるし、アイスも食べることができる、

              そして、二度寝したらいいのです。(笑)そしたらすっきり。

              次に起きるのは、9時ころになるけどね。

              できるときに寝ていたらいい。

               

              りんちゃんは抗生物質と痛み止めがなくなったのですが、

              大丈夫なのだろうか。痛いともなんともいわずにいる。

              なんだか、それが心配。

               

              いつもより、横になっている時間が長い。基本的には目を閉じて

              寝ているようだが、動きが鈍い。

              わたしがなにかを食べようとすると、必ず近くによってくるのに、

              今は来ない。やっぱりカラダが思うようにならないのだろうか。

               

              今も、わたしを上目遣いに見て、ベッドに寝ている。

               

              手術から2週間後には、細胞の検査の結果が出る。

              腫瘍が良性か悪性かがわかる。

              手術が終わるまでは、手術自体がうまくいくか心配したが、今度は

              良性か悪性か、その結果が心配になっている。とても心配だ。

               

              術後、先生から説明があった。そのとき、「今日はおっぱいを

              上から3つ取りました。もし転移が起こったりしたするときには、

              左側から右下にかけて取るという選択になると思います。

              (今回手術したのは右。)

               

              ああ、あと数日、この不安に耐えられるだろうか。

              りんを置いて、外出できないでいる。家の中も暑い。寝不足だ。

               

              Have a nice day!!

              ひとりで悩まないで

              カウンセリングルームWithYou

              こばやしひろみ

              http://www.hiro-koba.net/index.html

               

               

              りんちゃん その

              2016.06.05 Sunday 11:49
              0
                Have a nice day!!
                一人で悩まないで
                カウンセリングルームWithYou
                こばやしひろみ

                りんちゃんのことを昨日に引き続き、書きたいと思います。

                乳がんがんが発覚して、4日目。
                だいぶ泣いたので、少し気持ちは落ち着きました。

                とにかく、乳汁がでなくなったら手術なのですが、
                そこまで(約一か月後)覚悟できました。
                私としては、もちろん、ううう(涙)なのですが。

                乳がんを宣告されてから、「ああ、あの時、あれは、そういえば」と
                思うことが多い。
                例えば、2か月くらい前、膣あたりをよくぺろぺろなめていた。
                わたしはあまり気を遣うことなく、時間がすぎた。
                そういえば、ポリポリかゆそうにしていたころがあって、
                耳あたりがかゆいのかと思っていたけど、ひょっと今回のことと
                関係があったのか。
                確か、おっぱいをなめていることが多かったなあ。

                などなど。

                わたしとりんは共依存。
                共依存といっても、わたしと犬との関係だから、正確に言うと、
                私が勝手に依存しているわけです。

                わたしは、外出すると3時間くらいたったら、りんのことが
                気になる。そわそわ、りんはどうしているかと心配になります。
                もちろん、りんは静かにお昼寝というわけだが。

                まあ、それくらいかわいいわけです。

                共依存というのは、相手を拘束した、相手を利用して、状況を
                コントロールしたり、自分の欲求をみたそうとすることを言います。
                (定義についてはいろいろあると思いますが)

                犬には、「自立」という言葉がないのですが(猫にはあるのかなあ)、
                犬は犬なので、ぶれない。わたしがひたすら共依存なのですよ。

                かわいそうとか、痛くないか、大丈夫かなあとひたすら心配している。

                ああ、どうしよう、どうしよう。。。
                人にいうといろいろな対応をしてくる。
                大概、まずは「りんちゃん、いくつなの?」
                「犬の平均年齢ってどのくらい?」と聞いてくる。

                そして、「心配ねえ」「かわいそう」「しかたないねえ」、、、
                「しかたないねえ」、、、わたしは、「しかたないねえ」と
                いわれると、「そそ、そうなんですけど」でも、でも、、、
                と言葉を失う。

                犬とて、わたしのりんちゃん。

                手術はうまくいくだろうか。
                おっぱいは両方に合計12個くらいあるから、半分の5,6個、
                そして子宮も摘出して、病理検査にだすらしい。

                悪性の場合は、その25パーセントは浸潤とか転移が起こって
                いるときは、予後が悪い、寿命が限られているというわけだ。

                悪性のうち25パーセントは転移ほかなければ、摘出手術で
                なんとかなる。

                良性の場合は、予後がいいという説明を受けた。

                とにかく、今は祈るしかない。
                祈るしかない。

                今、りんちゃんは、扇風機の前でぐっすり寝ている。
                ときどき夢を見るらしく、びくびくっとしたり、足を交互に
                動かし、走っているらしい。

                これもあれもかわいいりんちゃん、どうしよう。

                Have a nice day!!
                カウンセリングルームWithYou
                こばやしひろみ
                http://www.hiro-koba.net./index.html


                 

                りんちゃん

                2016.06.03 Friday 17:39
                0

                  Are you happy with yourself?
                  ひとりで悩まないで
                  カウンセリングルームWithYou
                  こばやしひろみ
                  http://www.hiro-koba.net/index.html

                  昨日のこと、朝、りんのカラダを触っていたとき、
                  「あれっ?」と思いました。
                  一番上のおっばいにしこりがあるのです。

                  2.5センチくらいの少しこりっとしたものです。
                  それは左にあって、右にはありません。

                  とっさに、「ガン?」「ガンに違いない!」と思い、
                  12時前、急いで近くの動物病院に駆け込みました。

                  医院の玄関に入ると、「受付は11時30分で終わりなんですよ」と
                  言われてしまった。
                  「でも、お願いします」と、診察室に入れてもらいました。

                  まず台にのせ、体重を図り(6.2キロ)、そしてカラーを
                  つけて、先生が念入りにみてくださる。

                  少しの間。先生はおっぱい付近を触診している。

                  そして「今、りんちゃん、想像妊娠していて、別のおっぱいからも
                  乳汁がでていて、「このしこりはガンです」と言われた。
                  わたしはそのころからしくしく状態になりました。

                  DR:「この乳汁が収まったころに手術しましょう。そのとき、一緒に
                       子宮もとりましょう。」
                  わたし:「ええ、可哀そうに〜〜〜。」

                  DR:「悪性の腫瘍か、良性の腫瘍か、手術をして細胞を取り、病理検査に
                    だして確定診断がなされます。おそらく、左のおっぱいすべてと、
                    子宮を取る手術になるでしょう。」

                  わたし:「何日か入院しますか」
                  DR:「1日、でも、リンちゃんの場合は、それは無理かな。」

                  わたしにべったりしがみつくりんちゃんを見て、言われました。

                  DR:「乳汁が消えたら、病院に手術の予約を入れてください。
                    もし、腫瘍が急に大きくなるようでしたら、早めにきて
                    ください」
                   比較的若い女性の先生だ。

                  そのころはわたしは涙と止まらず、しくしくしていると、獣医さんが
                  ティッシュをわたしてくださった。

                  「よろしくお願いします」と頭をさげて、診察室を出た。

                  手術のことが書かれている2枚の紙をいただき、「会計は684円」
                  ですと言われ、気が付いたら、財布がない。

                  そう、あわてて、財布を確認しないまま、バッグだけをもって
                  家を飛び出してきたというわけです。

                  「今からATMに行っておろしてきます、いいですか」とわたし。

                  家に帰って、ひとしきり泣きました。

                  りんはわたしが泣いているものだから、驚いたように、わたしの涙を
                  なめにきてくれました。

                  良性と悪性は50%:50%、悪性の中で予後の悪いものが25%という
                  説明でした。
                  だから、75%は予後がよく、25%は予後が悪いということになります。

                  今は祈るばかり。
                  今朝もしくしく泣いた。

                  またご報告しますね。

                  Have a nice day!!
                  ひとりで悩まないで
                  カウンセリングルームWithYou
                  こばやしひろみ
                  http://www-hiro-koba.net/index-html



                   

                  りんちゃんのこと

                  2016.05.29 Sunday 11:11
                  0


                    Are you happy with yourself?
                    ひとりで悩まないで
                    カウンセリングルームWithYou
                    こばやしひろみ

                    テレビっ子(テレビっおばちゃん)はしばしば中にでてくる
                    コマーシャルに目が止まる。

                    最近、笑ったのが、

                    ひとりのあまりさえない中年の男の人が古くなったであろう
                    縁側に座り、
                    「嫁さん、出て行きました。荷物をぜ〜んぶまとめて〜」

                    この宣伝が今、マイブーム。
                    くすっと笑いをさそう。

                    「小バエがぽっとん」の宣伝だ。

                    沖縄には結構おもしろいネーミングのお店ほかある。

                    最初きたときは、「かめーる歯科」というのがあって、笑った。
                    うん、「カメール」「かめーる」?噛むと関係があるのかしら。
                    「カメール」という名前があるのだろうか。
                    確かめてはいないけど。

                    上の写真は、リンちゃんが出産した子どもの二人だ。

                    6キロあるかなしかのリンちゃんはお腹に五匹も入っていた。
                    出産はかなり大変で、出産の途中、「犬は安産」っていうけど、
                    それは「うそ」やなあと思いました。
                    とてもつらそうで、決して近くに寄らせてくれませんでした。

                    その後、そして3時間、息も絶え絶え、近くによるとうなり、
                    可哀想でした。

                    ようやく最初の子どもが生まれてきたのですが、
                    その子はほかの子どもたちより一回り大きくって、
                    すでに死んでいました。

                    あわてて、動物病院に電話をしたら、「すぐきてください」と
                    いわれ、あわててりんをつれて段ボールを抱えて持って
                    いきました。近所の友だちがついてくれた。

                    すぐ帝王切開になり、かわいい4匹のあかちゃんが生まれました。
                    そっと手術室をみたら、4匹が電車のように並んでいた。

                    ひとりひとりは手のひらに乗るくらいの大きさで、そっと
                    手のひらに緩くつつみ、口を下にしてカラダを振る。
                    ゆっくりゆっくり。息ができるように何度か振る。

                    少し落ち着いてから、4匹、そっと箱にいれて、家いに戻った。

                    この写真は生後一か月ちょっとのころ、写真4匹のうち、2匹が
                    友人のところに行ったあとだ。
                    たぶん、右がりんちゃん、最初から、どの犬を自分で飼おうか、
                    決めていた。「一番小さく」そして「女の子」に決めていた。

                    そんな子が今は11歳、そう、出産して10年、
                    りんちゃんは、自分のこどもがを出産したこと、今もどこかに
                    いることを知っているだろうか。

                    たぶん覚えていないだろうなあ。

                    しようがない。

                    ちょっとどんくさいけど、かわいいりんちゃん、
                    今はわたしと二人、シニアハウスの住人、わたしのパートナー。

                    腹のたつこともないし、かわいいだけのりんちゃん、最高の
                    パートナー。
                    コミュニケーションでトラブルになることはまったくない。

                    人間、言葉を持ったがゆえに、ややこしい。
                    うまくいかないとややこしい。

                    では。

                    Have a nice day!!
                    ひとりで悩まないで
                    カウンセリングルームWithYou
                    こばやしひろみ

                    http://www/hiro-koba.net/index.hmtl
















                     

                    りんちゃんのあかちゃん

                    2016.03.24 Thursday 08:28
                    0
                      りんの赤ちゃん
                      「一人で悩まないで」
                      ようこそ〜
                      カウンセリングルームWithYouのこばやしひろみです。

                      「我が家は女性専用の<シニアハウス>です〜」と言うと、みな驚かれます。
                      「それってどういう意味?」というわけです。

                      どういうことかっていうと、60歳の私と、推定60歳の愛犬、りんちゃんと同居しているからです。
                      お互いの存在を「なくてはならない」「かけがえのない」人(犬?)として認め合っている、
                      パートナーです。(笑)

                      りんは、ミックスシュナウザーのブラック。真っ黒ではなく、グレーと黒との間というか、
                      あるアーティスト曰く、「ガンブラック」と教えてくださいました、ステキです。
                      そろそろ11年弱になります。でも、とても元気ですよ。かわいいかわいいって育てたもので、
                      甘えん坊です。
                      寝るときはベッドの上、カラダのどこかが触れているような二人です。

                      りんが1歳のとき、少し早く出産を経験、4人の子どもを帝王切開で生みました。
                      この写真は子どもたちが1ケ月くらいのとき、わたしが外出から帰ってみると、4匹がまったく
                      同じ方向に向いて同じ格好をして産屋に寝ていました。
                      ひとりひとりは15センチ弱くらいでしょうか。とにかくかわいい!!でしょ〜
                      りんとわたしは出産後の夜泣きにあい、寝不足でマタニティーブルーになっていたときのことでした。

                      今度は最近のりんちゃんをアップしようと思います。

                      シニアハウスの大事なパートナーです。

                      ではまた。

                      カウンセリングルームWithYou
                      こばやしひろみ

                       

                      PR
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      女性のためのアサーショントレーニング
                      コミュニケーションのパターンには次の三つがあります。
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Recommend
                      せいめいのれきし 改訂版
                      せいめいのれきし 改訂版 (JUGEMレビュー »)
                      バージニア・リー・バートン
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      リフレクション(DVD付)
                      リフレクション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
                      畠山美由紀,原田郁子,中納良恵,青木里枝,秋田慎治,斉藤哲也
                      Recommend
                      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付)
                      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
                      デイヴィッド・ギャレット,スティーヴ・モーズ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM