スポンサーサイト

2019.09.15 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    痛さと痒さ(かゆさ)

    2016.05.16 Monday 05:30
    0

      Are you happy with yourself?
      ひとりで悩まないで
      カウンセリングルームWithYou

      久しぶりにりんちゃん登場です!
      あまりの暑さにりんちゃんの髪の毛(?)を大分切りました。
      ようやく目がわかるようになりました。かわいいつぶらな瞳
      でしょ!!

      さて、今日は「痛み」と「痒み(かゆみ)」について書きたいと
      思います。

      みなさんは「痛み」と「かゆみ」、どちらが嫌ですか。嫌いですか。
      好きな人がいないことは確かだよねえ。
      ※皮膚が弱いらしく、りんはよくポリポリやっている。
      足を使い、上手にピンポイントでかく。気持ちいいんだろうねえ。
      人間のように、孫の手を使わなくてポリポリやれるのはすごい。
      関心しますねえ。

      数年前、わたしは生まれて初めての骨折をしました。
      それが痛いのなんの。ああ、もうあれだけは勘弁してほしい。

      年のことを忘れ、沖縄に来て、小学生以来したことがなかった
      バドミントンの同好会に行くことにした。
      (沖縄はバドミントンが盛ん。)

      最初の数週間はよかったのだが、ある日、左後ろに下がったときに、
      転倒、左手首でカラダを支えてしまったようで、「ぐにゅ」と
      いう音が聞こえたかと思うと、手首があらぬ方に向いている。

      「ああ、やっちゃったあ」と思った。すると、どんどんどんどん
      激しい痛みが襲ってくるではないか。

      わたしはわんわん泣いた。あまりにも痛く、ぎゃあと喚いた。

      そして手術。一日入院で済んだが、その後の痛いこと。
      ちょっとでも手首のほうがあたると、痛いのなんの。うめいていた。

      フライパンは持てないわ、お風呂にも一人では入れないわあ、
      一番困ったことはブラジャーをつけられないこと。

      ああ、あれは悲惨だったなあ。
      もちろん痛み止めはでているのだけど、想定外の痛さでした。

      主治医の若いドクターが「痛い?」と聞くから、わたしは
      「痛い、この痛みはわたしの痛みだから、先生にはわからない!」
      と言い放った。

      実は、10数年前、わたしはロキソニンからの
      「ステーブンスジョンソン症候群」にかかった。

      数日前から風邪気味で、熱が出ていた。が、仕事もあり、
      そうそう休むわけにもいかず、無理していました。

      熱はどんどん高くなり、関節の痛みがひどく、寝ることも
      できないほどになっていました。

      ある日の夜中、泣きわめくほどの痛みが関節を襲っていた。
      「我慢できない、入院したい〜」とうめきながらわたしは
      どうしようもなかった。

      翌朝、病院に行き、即入院しました。

      朝になり、ドクターが外来の仕事が終わって上がってきて、わたしの
      顔をみた。一瞬、驚いたのか、「あっ」と小さな声を上げた。

      わたしは何が起こっているのかわからなかった。
      それから、ひどい熱にうなされ、皮膚がはがれてきた。
      2、3日後、目が明かない、皮膚がただれたようだった。
      ドクターはすぐ眼科受診の手配をし、わたしはストレッチャーに
      のせられた。

      熱は少しずつ下がったころから、皮膚がどんどんはがれていきました。
      結局、その後一か月半くらいをかけ、体中の皮膚と言う皮膚が
      はがれてしまった。

      手のひらや足の裏の皮膚がベロンとむけたりもした。もちろん、
      はじめてのことなので、自分のカラダに何が起こっているのか、
      わからないし、つらかった。

      とにもかくにもかゆくって!かゆくって!かゆくって!
      我慢の域を越えている。
      かきむしるものだから、朝になるとかいておちた皮膚が
      ゴミの山になっていた。
      お掃除のおばさんを驚かせた。

      なかなか病名がわからなかかったようだったけれど、
      最終的に「ステーブンスジョンソン症候群」と診断された。

      話しが長くなったけれど、要は何を言いたいのかというと、

      「痛み」も「かゆみ」も我慢できないもの。
      QOL・生活の質が極端に落ちてしまうということ。

      いかがですか。想像してみてください。
      カラダのとこかに「痛み」や「かゆみ」があるとどうなるかと。

      「痛み」や「かゆみ」のない生活したいものです。

      今日も長くなりましたが、ここまでにします。

      そうそう、スティーブンスジョーンズ症候群は去年から「難病指定」に
      なりました。市販薬が原因のこともあるので、気をつけてください。

      では。
      Have a nice day!!

      カウンセリングルームWithYou
      こばやしひろみ



       

      PR
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      女性のためのアサーショントレーニング
      コミュニケーションのパターンには次の三つがあります。
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Recommend
      せいめいのれきし 改訂版
      せいめいのれきし 改訂版 (JUGEMレビュー »)
      バージニア・リー・バートン
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      リフレクション(DVD付)
      リフレクション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
      畠山美由紀,原田郁子,中納良恵,青木里枝,秋田慎治,斉藤哲也
      Recommend
      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付)
      愛と狂気のヴァイオリニスト(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
      デイヴィッド・ギャレット,スティーヴ・モーズ
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM